「広い」大学、「狭い」大学。(前編)

大学名と地名の関係は前の記事でも触れましたが、今回は、大学名に使われている地名の「広さ」「狭さ」を調べてみたいと思います。

zerohara.hatenablog.jp

 

大学名の地名の「広さ」「狭さ」とはどういうことか? 例を挙げます。

東京都渋谷区に「青山学院大学」という大学があります。ここで注目するのは、同校の敷地面積でも、所在する東京都や渋谷区の面積でもなく、名前に含まれる「青山」という地名が指すエリアの面積です。

「青山」という地名は、一般的には東京都港区の「北青山」と「南青山」を指すようです。それぞれの面積は、

  北青山=0.5 km^2

  南青山=1.37 km^2

ですので、「青山」としての面積は両者の合計となり、

  青山学院大学=1.87 km^2

と考えるのです。

同校の所在地は渋谷区、「青山」の所在地は港区で行政区が異なりますが、ここではそれも考慮しません。

 

このように、大学名から地名を取り出して、その地名が付けられたエリアの面積をみてみよう、というのが今回のコンセプトです。

なお、調べるにあたり以下のルールを設けました。

  • 該当する地名が複数ある場合は、その大学の現在または過去の所在地に最も近いエリアの面積を採用する。

(例)「京都大学」の場合、「京都府」「京都郡(みやこぐん。福岡県)」「京都市」が候補になります。これらのうち京都府京都市の方が同校の所在地(京都市左京区)に近いため、ここでは京都府京都市の面積を採用することになります。

  • 該当する複数の地名の一方の領域が他方の領域を含む関係にある場合は、最も広域のエリアの面積を採用する。

(例)上記の「京都大学」の場合、「京都府」は「京都市」を含んでいるので、ここでは京都府の面積(4,612km^2)を採用します。

  • 都道府県よりも広域の地域名・国名も取り上げる。ただし日本の旧国名武蔵国大和国など)は時代によって該当エリアが異なり面積の特定が難しく、やむなく割愛しました。
  • 面積のデータは、Wikipedia記載のものを採用する。Wikipediaに面積が記載されていない場合は、Google Mapの距離測定機能で算出された面積を採用する。

 

ではここから、ランキング形式で大学名の「広い」「狭い」を比較します。

「広い」大学名上位10校は以下のとおりです。

「広い」大学名TOP10

 第10位 東北/67,000 km^2

第10位は「東北」でした。いわゆる「東北六県」の合計面積を採用しています。「関東」「関西」など他の地方名でも同様に面積を算出しましたが、それらの中ではこの「東北」が最大でした。

第9位 北海道/83,000 km^2

第9位は「北海道」でした。都道府県名では唯一のTOP10入り。地方名で最大の東北地方を凌ぐ広さです。やはり北海道は大きいです。

第8位 西日本/165,000 km^2

第7位 東日本/213,000 km^2

第8位は「西日本」、第7位は「東日本」でした。それぞれの面積は上記の各地方の合計を採用しています。具体的には富山県岐阜県・愛知県・静岡県以西を西日本、新潟県・長野県・山梨県・神奈川県以東を東日本としました。

第6位 日本/378,000 km^2

第6位は「日本」でした。日本国内の地名ではこれ以上広いものは存在しないわけですが、惜しくもTOP5入りならず。世間の大学ランキングと同じく、上位にくい込むためには、グローバルでインターナショナルな視野が必要になってくるようです。

第5位 東亜/11,839,000 km^2

グローバルでインターナショナルは良いのですが、ここから面積確定が難しくなってきます。

第5位は「東亜」でした。ここでは東亜=東アジアの面積として、日本・台湾・韓国・北朝鮮・中国・モンゴルの合計を採用しました。「東洋」も同じ範囲を指していると考えて良いかもしれません(東洋大学〔東京都文京区〕など)。

第4位 ノースアジア/13,100,000 km^2

第4位は「ノースアジア」でした。ノースアジア=北アジアは、ロシア連邦ウラル連邦管区シベリア連邦管区・極東連邦管区の範囲を指すようなので、その面積を採用。中国北部やモンゴルなどを含んださらに広い範囲を指すこともあるようですが、その場合でも順位は変わりません。

第3位 アジア太平洋/29,300,000 km^2

第3位は「アジア太平洋」でした。いよいよ面積確定が難しくなってきました。ここではWikipediaの記述に従い、東アジア・南アジア・東南アジア・オセアニア地域の各国の面積を合計した数値を採用しました。

第2位 亜細亜/44,579,000 km^2

第2位は「亜細亜」でした。ここでは亜細亜=アジアを、極東から中近東までを含む地域として考えました。調べる前は、これが「最大」だろうと予想していました。

第1位 環太平洋/65,426,000 km^2

第1位は「環太平洋」でした。ここでもWikipediaの記述に従い、太平洋に面する国々および太平洋上の島国の合計面積を採用しました。ロシア・アメリカ・中国・オーストラリアという、広大な面積を誇る国を取り込むことができたのが勝因と言えるでしょう。

  

後編では、「狭い」大学名TOP10をみたいと思います。どちらかというと、狭い方が調べていておもしろかったかも。0.01 平方キロを競う、熾烈な戦いをお楽しみください。

 

実在しない○○学院/学園/産業/国際大学はどこか。

創作物の中で架空の大学を登場させたいけど、実在する大学と被らないような大学名を考えるのは大変(;>_<;)

ってこと、良くありますよね?

 

そんな時に参考になるよう、

都道府県名または県庁所在地名と

  • ○○大学
  • ○○学院大学
  • ○○学園大学
  • ○○産業大学
  • ○○国際大学

の組み合わせの実在/非実在の状況を一覧表にしました。

 

なお、これらの表については、

  • 四年制大学の名前としては非実在でも、高校や短大の名前として実在することがある
  • 大学名としては使用されていなくても、学校法人や福祉法人の法人名として使用されていることがある
  • 非実在でも、既にほかの作品で使われていることがある

という点に御注意ください。

北海道・東北エリア 

f:id:maskie_ohara:20190311171438p:plain

表の見方ですが、セルに色が付いている大学名が実在、セルが無色のものが非実在です。ちなみに実在の大学は、国公立大学であればセルをに、私立大学であればセルをにしてあります。

 

北海道・東北エリアの状況は上の表のとおりです。なお、「北海道学園大学」は非実在ですが、「北海学園大学」が札幌市に実在します。

 

関東・甲信越エリア

f:id:maskie_ohara:20190311171725p:plain

現在の埼玉県の県庁所在地は「さいたま市」ですが、2001年の合併前の「浦和」で調べました。なお、「前橋国際大学」は「共愛学園前橋国際大学」が正式名称です。

 

一橋大学の前身である「東京商科大学」は、一時期「東京産業大学」だったことがあるようです。

 

 栃木は、○○大学/学院/学園/産業/国際大学が全て存在しませんでした。

また意外にも、横浜も○○大学/学院/学園/産業/国際大学の全てが存在しません。「横浜国際大学」とかありそうなのになぁ。創作物に登場させるなら、狙い目かもしれませんね。

 

↓「東京学院大学」「横浜大学」「甲府学院大学」が登場するようです。 

風が強く吹いている 1 (ヤングジャンプコミックス)

風が強く吹いている 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

東海・北陸エリア

f:id:maskie_ohara:20190311171837p:plain

 石川は、○○大学/学院/学園/産業/国際大学が全て存在しませんでした。石川県には「金沢」という圧倒的ブランド力を持った地名が存在するので、仕方のないことかもしれません。

 

「○○産業大学」が比較的多いのは、工業が盛んなこのエリアらしい傾向と言えるでしょう。平成29(2017)年の製造品出荷額(速報値)でみると、愛知県は全国1位、静岡県は全国4位とのことです。

 

近畿エリア

f:id:maskie_ohara:20190311172001p:plain

京都学園大学」は、2019年4月に「京都先端科学大学」に改称されます。

奈良学園大学」は、2014年まで「奈良産業大学」でした。

 

最後まで御覧いただくとわかるように、○○大学/学院/学園/産業/国際大学の全てが存在する都道府県名・県庁所在地名はありません。最多が「大阪」の4つでした

また、大学名ではないので今回はカウントしていませんが、「大阪学園」も学校法人名としては実在しています。大阪を舞台にした創作物に架空の大学を登場させるときには、名称の設定に注意が必要かもしれませんね。

 

中国・四国エリア

f:id:maskie_ohara:20190311172033p:plain

 広島県には「広島国際大学」(東広島市)のほかに「広島国際学院大学」(広島市)も存在します。年に2~3通は郵便物が間違って届いていそうです。間違えて出願する受験生は……さすがにいないかな……。

 

九州・沖縄エリア

f:id:maskie_ohara:20190311172117p:plain

福岡学園大学」はかつて実在しましたが、残念ながら2018年に閉校しました。

「熊本国際大学」は非実在ですが、「IEC熊本国際大学」という専門学校が実在します。

 

このエリアの特徴は「○○国際大学」の多さです。後で触れる「九州国際大学」(北九州市)も合わせると、8県中5県に○○国際大学が存在することになります。

九州は、古くから大陸との交流の玄関口であり、近世には南蛮貿易の拠点にもなりました。琉球も東アジアの通商の中継点として、国際色の強い地域です。このような歴史や、その中で育まれた人々の国際感覚が、大学名にも表れているのかもしれません。

 

地方名でも調べてみました

都道府県名や都市名と並んで、「関東」「関西」といった地方名も大学名で良く用いられます。そこで地方名でも同じことを調べてみました。

f:id:maskie_ohara:20190311172212p:plain

九州学院大学」は実在しましたが、1985年に「第一工業大学」に改称しました。

東日本学園大学」も実在しましたが、1994年に「北海道医療大学」に改称しました。

 

↓「近畿学院大学」が登場するようです。 

 

おわりに

以上、都道府県名・県庁所在地名などについて、○○大学/学院/学園/産業/国際大学の5つの実在/非実在の状況を調べました。

首都圏はもっと実在数が多いかと思っていましたが、そうではありませんでした。ただ、初めにもお断りしたように、今回は高校名などはカウントに入れていません。高校名を含めると、大都市圏を中心に、実在数はもっと増えるでしょう。

大学名にも地域性が見られることも意外な発見でした。特に九州・沖縄エリアにおける「○○国際大学」の集中ぶりは、驚きでした。

 

創作物に架空の大学を登場させる際には、これらの表も御参考にしていただきつつ、素敵な大学名を考え出してください。